クリスマスの風景

12月 21, 2016

こんばんは!

なんか細々としたことをやってたらこんな時間になってしまいました。


以前のチクラナにいた頃には

クリスマスといえば、

色々な団体がベレン人形を作って

町がコンクールのようなものをやったりしていたんですけど、


ムルシアはどうなのかなって思ったら、

やっぱりベレン、やっていました。





 たくさんの人が順番待ちしていました。




 入ってみると、結構大きく作ってありましたよ。





ベレンはキリストの誕生を再現したものなんですけど、


あれ。


トウモロコシが植えてありますね(汗)








ひひひ。

じゃがいももあったり!



ちゃんとちっちゃいお芋を畑にまいてますね。

植えてるとこですね。






町が再現してあるようで、

鍛冶屋さんとか、通りを歩いてる人もいっぱい。



これはパンを焼いているのか

釜の扉が開いたり閉まったりするんですよ。



そして、

お祝いに駆けつける東方の三賢者の皆さん。





チクラナではね、

24日になるまで、

キリストの場所は空席なんですよね。

24日になるとお人形が置かれるんです。

ここは、もう天使が置いてありますね。


前にいる羊とか

暖をとってる子供達のストーブが何気に可愛いです。




いくつかツッコミどころはありましたけど、


大きな街を再現していて、

ちょっと写真がうまく撮れなかったのでアップしなかったんだけど

王様の宮殿とかもありました。



11月とかになると、

このベレン用に小さなお人形とか、家具とかが売られ始めるんですけど

もう、

カゴに入ったパンとか

ワインとか

すっごい可愛くって

うちはベレン人形は飾らないんですけど

買ってしまおうかな、って思うくらい

なかなかのクオリティです。


ドールハウスとか趣味でされている方には

いいかもしれませんね。


ベレンを見る機会があったら、

ぜひ、小さな小道具たちにも注目してみてくださいね!


最後に応援してもらえたらうれしいです!

人気ブログランキングへ



You Might Also Like

2 コメント

  1. 凄い~!!
    それベレンて言うんですね。うちの教会にも非常~~にしょぼい(多分誰かが紙粘土で作った)馬小屋だけ飾ってあります。色も白と茶色だけ(笑)
    それに比べて、凄いクオリティですね!!そちらのは。スケールも大きい!
    売ってるんなら、うちも毎年集めて飾りたいくらいです。(アパート狭いから多分しないけど)
    やっぱりそちらは熱心ですね。クリスマス、NZはまだちょっとばかり宗教的なお祭りですが、オーストラリアにいた時は商業化されていました。国によるんですね。
    珍しい写真、楽しませていただきました。May

    返信削除
    返信
    1. 色々な団体が作っていて、
      チクラナにいた時はワイナリーでキリスト誕生、みたいなベレンとかありましたよ(笑)

      なかなかクオリティー高いです。
      セビージャとかに行くと、
      クリスマスマーケットではこういうベレンのいろんなお人形が売っていたように思います。

      ほんと、国によっていろいろ違うんですねー。
      日本のクリスマスの過ごし方をこっちの人に教えると
      割とびっくりされますが、
      まぁ、スペインでも今ではハロウィンをしたりしますから
      そういうノリですね、というとわかってくれます(笑)

      削除

Popular Posts

Like us on Facebook

Subscribe